明治記念館開館70周年記念を記念し、館内の特設コーナーで明治天皇と昭憲皇太后による宮廷外交の舞台となった「赤坂仮皇居御会食所とその時代」を振り返るイベント、特別展『明治宮廷のダイニングホール〜よみがえる近代の饗宴〜』が開催される。

イベントでは宮廷外交の舞台「赤坂仮皇居御会食所」が当時の貴重な品々とともに紹介される。

◆展示作品
「天皇の料理番」秋山徳蔵のメニューコレクションより、明治の宮中晩餐メニューカード、明治天皇と昭憲皇太后がお召し上がりになった饗宴料理のレプリカの再現などが展示される。また宮中晩餐の引出物として作られた雅びな工芸品「ボンボニエール」など、現存が少なくなっている明治時代の貴重な作品を厳選した計29点が紹介される。そのため、希少でありつつも本格的な展覧会となる。

◆限定販売メニュー
同展開催記念として、味覚で明治宮廷を感じられる企画を実施。なんと、実際に、明治天皇や、伊藤博文公といった要人の食事会で振る舞われていたとされる「鴨肉のカレーライス」と、今も宮中晩餐会にて振る舞われている「富士山アイスクリーム」を開催期間中、金鶏の間で期間限定販売する。

鴨肉のカレーライスは、貴重な歴史文献や資料をもとにして、明治記念館 西洋料理総料理長の監修によって、約133年ぶりに再現されるもの。内容は鴨を丸々無駄なく使っており、肉の旨みを最大限に生かしたカレーである。

◆日時
2017年7月26日(水)〜11月9日(木) 
不定休
平日10:00〜19:00、土日祝日09:00〜19:00

◆場所
明治記念館 館内特設コーナー
(東京都港区元赤坂2−2−23)

◆主催
明治記念館

◆協力
公益財団法人味の素食の文化センター

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。