12月13日(水)から2018年5月21日(月)まで、日本科学未来館にてメディアラボ第19期展示「匂わずにいられない!〜奥深き嗅覚の世界〜」が公開される。

食べものの匂いでおいしさを感じる、入浴剤の匂いが心と身体を安らかにするなど、くらしのさまざまな場面で匂いは重要な役割を果たしている。そのほかにも、医療現場で不快な匂いをやわらげたりするなど、匂いの使いみちは広がっている。

同展示では近年の研究によって分かってきた成果の中から、鼻が「匂い物質」をいかに捉えるのかという点。そして脳が匂いをいかに感じ、感情にどう影響を与えるのかという点。これら2つの視点から奥深い嗅覚の世界を紹介する。

<展示概要>
「多様な匂いを感じる仕組み」
ヒトの鼻の内側には、400種類もの「匂いセンサー(嗅覚受容体)」が存在する。空中を舞う匂い物質がこの匂いセンサーにぴったりはまると、匂いを感じることができる。また、この匂いセンサーの反応の組み合わせで多様な匂いの認識が可能になる。展示会場では、スミレに含まれる匂い体験から「嗅覚受容体」に個人差があることを学んだり、複数の香りから別の香りを感じる「匂いの足し算」を体験したりして、匂いを感じる仕組みを学べる。

「匂いは感情をゆさぶる」
近年の研究で、匂いが脳や感情にはたらきかけていることが明らかになってきた。展示会場では、靴下の匂いにバニラの匂い成分を足すことで、匂いがチョコレートのように変化しストレスが軽減されるという体験によって、匂いが感情に与える影響を学ぶことができる。

<会期>
2017年12月13日(水)〜2018年5月21日(月)

<休館日>
毎週火曜日(ただし、12/26, 1/2, 3/20, 27, 4/3, 5/1 は開館)、 年末年始(12/28〜1/1)

<時間>
10:00〜17:00 (入館券の購入は閉館時間の 30分前まで)

<場所>
日本科学未来館 3 階 常設展 「メディアラボ」

<入館料>
大人620 円、18歳以下210円

<出展者>
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 ERATO 「東原化学感覚シグナルプロジェクト」
(研究総括:東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 生物化学研究室 教授 東原和成氏)

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。