古典名作に、新しい息吹を吹き込む

吉田都芸術監督就任第2作目となる新制作は、自らが手掛ける『ジゼル』。英国ロイヤルバレエで長らく活躍したイギリス人振付家のアラスター・マリオットとともに、19世紀ロマンティック・バレエ不朽の名作を新しく生まれ変わらせる。リトアニアの「十字架の丘」に着想を得て、キリスト教と土着の文化の狭間にある世界観を表現したディック・バードの美術も大きな見どころ。


開催日時
2022年10月21日(金)〜10月30日(日)
備考
公演日時は10月21日(金)19:00、22日(土)13:00/18:00、23日(日)14:00、27日(木)14:00、28日(金)19:00、29日(土)13:00/18:00、30日(日)14:00。予定上演時間は約2時間15分。正式な上演時間は開幕直前のHPを参照。
会場
新国立劇場オペラパレス
東京都渋谷区本町1-1-1
料金
有料
S席14,300円/A席12,100円/B席8,800円/C席6,600円/D席4,400円(税込)
アクセス
公共交通:京王新線(都営新宿線乗入)「初台」駅中央口(新国立劇場口)直結
車:首都高速4号線下り「新宿」出口/中央自動車道・首都高速4号線上り「初台」出口
駐車場
あり 400台
料金30分300円/観劇時割引あり/時間貸し最大料金2,000円
お問い合わせ
03-5352-9999(新国立劇場ボックスオフィス)
ホームページ
https://www.nntt.jac.go.jp/ballet/giselle/
イベント備考
やむを得ない事情により、出演者等が変更になる場合あり

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります