獣脚類はどのように鳥類となったのか?

企画展「ひょうごの恐竜展〜タンバティタニスとヤマトサウルス〜」の関連イベントとしてセミナーを開催。かつて恐竜は地上を支配し、空や水の中にもその生活圏を広げた。その中で最も成功したグループに獣脚類がいる。このセミナーでは、彼らがどのようにして鳥類となっていったのか、その一端を概説する。講師は研究員の久保田克博氏。対象は高校生〜大人。参加希望者は7月16日(土)までに申込み、ただし定員になり次第締切。


開催日時
2022年7月23日(土)
13:30〜15:00
備考
会場
兵庫県立人と自然の博物館 4階大セミナー室
兵庫県三田市弥生が丘6丁目
料金
有料
受講料:700円(高校生500円)
アクセス
公共交通:神戸電鉄「フラワータウン」駅・神姫バス「フラワータウンセンター」より徒歩約5分
車:中国自動車道「神戸三田」IC(六甲北有料道路終点)から約10分
駐車場
なし
博物館の乗用車専用駐車場はないため近隣有料駐車場を利用。イオン三田店の上階(3階〜6階)に駐車すると、4時間無料のサービスあり。詳しくは博物館に問い合わせを。
お問い合わせ
079-559-2001(兵庫県立人と自然の博物館)
ホームページ
https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/dinosaur2022.html
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります