古町花街誕生の歴史を知る

古町花街とそこで育まれてきた伝統文化は、江戸時代以降、芸妓や料亭経営者をはじめ様々な人々により現在まで継承されてきた。この度、旧齋藤家別邸を会場として、古町花街の成り立ちから現在までの歴史を紹介するパネル、関係資料を展示する企画展を開催する。さらに、古町の人形店で昭和初期に制作された芸妓・遊女の人形を特別公開する。今回の企画展で“花街文化”の魅力をより身近に感じることができるはず。


開催日時
2022年9月1日(木)〜10月30日(日)
9:30〜17:00
備考
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館し、火曜日に休館)、祝休日の翌日(この日が土・日にあたった場合は開館し、火曜日に休館)
会場
旧齋藤家別邸
新潟県新潟市中央区西大畑町576番地
料金
有料
入館料:大人300円、小中学生100円
アクセス
公共交通:新潟市観光循環バス「北方文化博物館新潟分館前」下車、徒歩約1分
車:-
駐車場
あり 21台
駐車無料 新潟市美術館第2駐車場を利用
お問い合わせ
025-210-8350(旧齋藤家別邸)
ホームページ
https://saitouke.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります