今を楽しんで生きる

香川県在住の写真家・脇秀彦は20年以上に渡り写真を撮り続けている。今展のメインテーマである“生と死”について脇は、だれもが死から逃れられないその事実を重く受け止め過ぎず、“今”をいかに豊かに生きるかを意識し制作している。今展では、脇の哲学観を表現した映像・写真作品を紹介。


開催日時
2022年9月6日(火)〜10月23日(日)
9:00〜17:00
備考
休館日は月曜日(9/19(月・祝)・10/10(月・祝)は開館)、9/20(火)・10/11(火)。入室は16:30まで。
会場
高松市塩江美術館
香川県高松市塩江町安原上602
料金
有料
一般300円 大学生150円ほか
アクセス
公共交通:JR高松駅からことでんバス塩江線乗車約60分「塩江バスターミナル」下車、徒歩約10分
車:「高松中央」IC・「高松西」ICより約40分
駐車場
あり 49台
お問い合わせ
087-893-1800(高松市塩江美術館)
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/shionoe/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります