「縄文時代の始まりを探る」展について紹介

信濃川上流域の十日町市と津南町は、日本屈指の縄文時代草創期(そうそうき)遺跡密集地域。令和元年(2019)、田沢・壬(じん)遺跡(十日町市)と本ノ木遺跡(津南町)が国史跡に指定された。今展では、新潟県内外から重要文化財を含む縄文時代草創期(約1万6000年〜1万1300年前)の出土品を集め、土器の起源など草創期についてわかりやすく紹介する。


開催日時
2022年10月1日(土)〜11月13日(日)
9:00〜17:00
備考
月曜日休館(祝日の場合は翌平日)
会場
十日町市博物館「TOPPAKU」
新潟県十日町市西本町一丁目448-9
料金
有料
入館料:一般1,000円(常設展も見学可)、中学生以下無料
アクセス
公共交通:十日町駅より徒歩約10分
車:関越自動車道六日町ICより約18km
駐車場
あり 45台
駐車無料
お問い合わせ
025-757-5531(十日町市博物館)
ホームページ
https://www.tokamachi-museum.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります