画家オノサト・トシノブの教師時代を紹介

日本における抽象絵画の先駆者、オノサト・トシノブ(1912〜1986)は1950年から5年半ほど山田郡大間々町(現・みどり市大間々町)の大間々中学校で美術教師を務めていた。今展では教師時代に描かれた「かみなり」を含む作品6点と、オノサトが作成した授業研究会の資料などを展示し、オノサトの教師時代を振り返る。


開催日時
2022年9月10日(土)〜10月2日(日)
9:00〜17:00
備考
休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)。入館は16時30分まで。新型コロナウイルス感染症の流行状況により、会期に変更が生じる場合あり。
会場
みどり市大間々博物館(コノドント館)
群馬県みどり市大間々町大間々1030
料金
有料
一般(高校生以上)200円、小中学生50円、障害者手帳持参の人と付き添いの人1名は無料
アクセス
公共交通:わたらせ渓谷鐵道大間々駅より徒歩約5分/上毛電気鉄道赤城駅より徒歩約15分
車:北関東自動車道太田藪塚ICより約25分
駐車場
あり 25台
駐車無料
お問い合わせ
0277-73-4123(みどり市大間々博物館(コノドント館))
ホームページ
https://www.city.midori.gunma.jp/conodont
イベント備考
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスク着用・検温・手指消毒・健康調査票の記入に協力を。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります