約300点の展示品で紡ぐ国府・船橋の歴史

交通の要所であった大和川と石川の合流地点には、船橋・国府遺跡があり、古くから遺跡の存在が知られている。またこの地は、河川を介した交流だけでなく、陸上の道を利用した交流との結節点ともいえる。今展示では、船橋・国府遺跡を中心に、これまでの研究を踏まえつつ、大和川水系、中河内地域などの視点から、各時代でこの地域がどのような移り変わりをみせるのかを考える。


開催日時
2022年10月22日(土)〜12月18日(日)
10:00〜17:00
備考
休館日は毎週月曜日。開館時間は10時〜17時(入館は16時30分まで)。
会場
大阪府立近つ飛鳥博物館
大阪府南河内郡河南町大字東山299番地
料金
有料
一般430円(340円)、65歳以上・高校・大学生330円(260円)、中学生以下・障がい者手帳を持つ人(介助者1名を含む)無料 ※( )内は20名以上の団体料金
アクセス
公共交通:近鉄長野線「喜志」駅または「富田林」駅下車、金剛バス「近つ飛鳥博物館前」行終点より約600m
車:大阪方面からは羽曳野東IC・橿原方面からは太子ICより約4km
駐車場
あり 80台
駐車無料
お問い合わせ
0721-93-8321(大阪府立近つ飛鳥博物館)
ホームページ
http://chikatsu-asuka.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります