所蔵作品を紐解きつつ現代美術の魅力を発信

今展は同館が開館(1995年)にあたって作品を引き継いだ東京都美術館時代も含むコレクションの歴史を紐解きながら、所蔵作品を制作年順に展示した「コレクションを巻き戻す」展の続編。今回は「読売アンデパンダン」展に工藤哲巳ら反芸術の作家たちが結集していた1960年代へと遡り、1975年に都美術館の新館が開館し、作品収集や企画展が本格化する頃までを、館の歴史や作品の展示をめぐるエピソードとともに辿る。


開催日時
2022年7月16日(土)〜10月16日(日)
10:00〜18:00
備考
休館日は月曜日(7月18日、9月19日、10月10日は開館)、7月19日、9月20日、10月11日。展示室入場は閉館の30分前まで。
会場
東京都現代美術館
東京都江東区三好4-1-1
料金
有料
一般500円、大学生・専門学校生400円、高校生・65歳以上250円、中学生以下無料
アクセス
公共交通:東京メトロ半蔵門・清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
車:-
駐車場
あり 100台
初1時間300円、その後毎30分150円
お問い合わせ
050-5541-8600(ハローダイヤル)
ホームページ
https://www.mot-art-museum.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります