秋聲と妻はまとの出会い

『足迹』(明治43年)は、秋聲の妻である旧姓小沢はまの半生を題材にした長編小説。その内容が、秋聲との出会いから入籍までを描く代表作『黴』の前章にあたることから、『黴』の姉妹編としても知られている。出会う以前の人生から、生活をともにし、やがて46歳という若さで先立つ瞬間までを小説に書き尽くした秋聲。今展では、『足迹』に始まる、はまの存在によって生み出された秋聲作品について紹介する。


開催日時
2022年11月12日(土)〜2023年3月12日(日)
9:30〜17:00
備考
火曜定休(祝日の場合翌平日)、12月29日(木)〜1月3日(火)は休館。受付は16時30分まで。
会場
徳田秋聲記念館
石川県金沢市東山1-19-1
料金
有料
入館料:大人310円、65歳以上210円(祝日無料)、高校生以下無料
アクセス
公共交通:JR「金沢」駅より北鉄バス「橋場町」下車、徒歩約3分
車:-
駐車場
あり 2台
駐車無料
お問い合わせ
076-251-4300(徳田秋聲記念館)
ホームページ
https://www.kanazawa-museum.jp/shusei/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります