カミとホトケ、交流する信仰の歴史

仏教の伝来、それは日本古来の「カミ」への信仰をもっていた人々にとって、新しい文化の流入であった。目に見えぬ「カミ」の崇拝と「ホトケ」の姿を表現する仏教は、不思議と交ざり合い、豊かな信仰の世界を繰り広げていく。きのくに―和歌山県には、高野山や熊野三山など各地に霊場が存在する。この企画展では、県立博物館の所蔵品をはじめ、きのくにの信仰にまつわる資料を展示し、霊地で育まれた神仏習合の様相をたどる。


開催日時
2022年12月3日(土)〜2023年1月22日(日)
9:30〜17:00
備考
休館日は月曜日(ただし、1月9日(月・祝)は開館、10日(火)は休館)、年末年始(12月29日(木)〜1月3日(火))。入館は16時30分まで。
会場
和歌山県立博物館
和歌山県和歌山市吹上1-4-14
料金
有料
一般280円(230円)、大学生170円(140円)※( )内は20人以上の団体料金。高校生以下・65歳以上・障害者手帳の交付を受けている人・和歌山県内に在学中の外国人留学生は無料。第1日曜日は無料。
アクセス
公共交通:JR和歌山駅・南海和歌山市駅よりバス乗車、「県庁前」下車徒歩約5分
車:阪和道和歌山ICより約4km
駐車場
あり 90台
始めの1時間が200円、以後30分ごとに100円追加。
お問い合わせ
073-436-8670(和歌山県立博物館)
ホームページ
https://hakubutu.wakayama.jp/exhibit/sinkou2022/
イベント備考
12/4・24、1/8・14・22の13時半〜1時間程度ミュージアムトーク(展示解説)あり。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります