人の営みの傍らには、常に病があった。

歴史を振りかえると、人は常に疫病と向き合ってきた。今展では、江戸時代に流行した疫病(特に流行り風邪・麻疹・疱瘡・コレラ・梅毒)の流行状況や、その時々の社会や人々の対応・対処等について、同館所蔵資料から紹介する。また、江戸幕府がこうした疫病にどのような対策をしたのか、医療政策に注目するとともに、幕府の奥医師であった多紀元孝が設立し、後に幕府直轄となる医学館の活動についても取り上げる。


開催日時
2023年10月21日(土)〜12月17日(日)
9:15〜17:00
備考
最新の開館情報については、国立公文書館ホームページを確認。
会場
国立公文書館
東京都千代田区北の丸公園3-2
料金
無料
-
アクセス
公共交通:東京メトロ東西線竹橋駅1b出口より徒歩約5分
車:-
駐車場
なし
お問い合わせ
03-3214-0621(独立行政法人 国立公文書館)
ホームページ
https://www.archives.go.jp/exhibition
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります