「鹿島立ち」一年の始まりは鹿島神宮で初詣

関東最古の神社であり、常陸一の宮である鹿島神宮は、茨城県内はもちろん県外・関東全域・日本全国から初詣に訪れる名所。鹿島神宮の神様が国を平定した故事から「鹿島立ち」は、始まりや旅立ちの事をさす。そんな歴史ある言葉とともに、一年の始まりは鹿島神宮から。代表的なご利益は、天下泰平はもちろん武道上達、必勝祈願、安産祈願、心願成就、商売繁盛など。


開催日時
2024年1月1日(月)〜1月7日(日)
備考
7日以降も参拝可能。
会場
鹿島神宮
茨城県鹿嶋市宮中2306-1
料金
無料
-
アクセス
公共交通:JR鹿島線及び鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「鹿島神宮」駅より徒歩約10分
車:東関東自動車道「潮来」ICより約15分
駐車場
あり 200台
鹿嶋市営宮中地区駐車場(有料駐車場 約150台)あり。周辺にも民間有料駐車場多数あり。
お問い合わせ
0299-82-1209(鹿島神宮社務所)
ホームページ
https://kashimajingu.jp/
イベント備考
12月31日〜1月3日は鹿島神宮周辺で交通規制が行われる。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります