文豪の息吹に触れる

大佛次郎(本名・野尻清彦 1897〜1973)は、横浜市に生まれ、鎌倉に住むなど、神奈川には非常にゆかりの深い作家。大佛次郎記念館と同館所蔵の資料約100点で構成される今回のコーナー展示では、戦後の作品を中心に、「パリ燃ゆ」や「天皇の世紀」など多くの作品に通底する大佛次郎の透徹した歴史認識と批評精神を紹介する。常設展「文学の森へ 神奈川と作家たち」第2部と同時開催。


開催日時
2023年12月2日(土)〜2024年1月21日(日)
9:30〜17:00
備考
休館日は月曜日(1月8日は開館)、12月28日(木)〜1月4日(木)。最終入場16:30
会場
県立神奈川近代文学館
神奈川県横浜市中区山手町110
料金
有料
一般260円 20歳未満及び学生160円 65歳以上110円 高校生100円 中学生以下無料
アクセス
公共交通:みなとみらい線「元町中華街」駅6番出口より徒歩約10分
車:-
駐車場
なし
お問い合わせ
045-622-6666(公益財団法人神奈川文学振興会)
ホームページ
https://www.kanabun.or.jp/exhibition/18739/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります