香嵐渓で自然・芸術・文化を味わう

香嵐渓のもみじは、400年前、香積寺の三栄和尚が経を唱えながら植えたのが始まり。昭和5年大阪毎日新聞の本山社長により、香積寺の「香」、巴川をわたる爽涼とした嵐気の「嵐」から“香嵐渓”と名付けられた。今年のテーマは「名木紅葉(なのきのもみじ)」。俳句の季語で、晩秋に木の葉が真っ赤に紅葉する情景を表している。期間中は、ライトアップ、町並みパレード、竹灯りの香積寺、願掛けろうそくなどのイベントを予定。


開催日時
2023年11月1日(水)〜11月30日(木)
備考
広場での猿回しが行われる。(雨天中止)『竹灯りの香積寺』11/4〜11/26の期間の土日(11/23は実施しない)18:00〜20:30(香積寺山門内参道)『願掛けろうそく』11/11〜11/26の期間の土日(11/12と11/23は実施しない)18:00〜20:45(巴川右岸、西町第二駐車場)
会場
香嵐渓
愛知県豊田市足助町飯盛
料金
無料
三州足助屋敷への入館は有料300円
アクセス
公共交通:地下鉄鶴舞線、豊田市行き「浄水」駅下車、とよたおいでんバス約60分「香嵐渓」下車すぐ
車:東海環状自動車道「豊田勘八」IC下車、国道153号飯田方面へ約15km
駐車場
あり 1600台
香嵐渓周辺駐車場を利用(1日1台1,000円)
お問い合わせ
0565-62-1272(豊田市足助観光協会)
ホームページ
http://asuke.info/
イベント備考
11/11(土)〜11/30(木)まで愛知環状鉄道「八草駅」より直行バスを運行。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります