東海三県でつくられた近代陶磁器の美の競演

愛知県の瀬戸焼と常滑焼、岐阜県の美濃焼、三重県の萬古焼。これらは東海三県で生産される、それぞれに魅力あるやきもの。明治時代にはこれらの輸出が盛んとなって、従来とは異なる技法や装飾も発達した。この企画展では明治・大正時代を中心に、瀬戸・美濃・萬古・常滑で発展した特色ある美の競演を楽しめる。


開催日時
2023年10月27日(金)〜2024年1月28日(日)
10:00〜17:00
備考
月曜日休館(祝休日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(2023年12月28日〜2024年1月4日)。最終入館は16時30分まで。
会場
横山美術館
愛知県名古屋市東区葵1-1-21
料金
有料
一般1000円(800円)、高・大学生・シニア65歳以上800円(600円)、中学生600円(400円)、小学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金、障がい者手帳所持者700円
アクセス
公共交通:東山線「新栄町」駅(1番出口)より徒歩約4分/桜通線「高岳」駅(3番出口)より徒歩約4分
車:名古屋高速都心環状線「東新町」出口から約5分
駐車場
なし
お問い合わせ
052-931-0006(横山美術館)
ホームページ
https://www.yokoyama-art-museum.or.jp
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります