音楽家・松平頼則の軌跡を紹介

日本の現代音楽のパイオニアとよばれる松平頼則は、明治40年に、現在の石岡市にあった旧石岡藩の藩主の家に生まれた。青年になった頼則は、音楽家を志し、後に世界的な名曲の数々を発表していた。なかでも、帝王・カラヤンが指揮した「ピアノとオーケストラのための主題と変奏」は代表作のひとつとして有名である。今展では、世界的なマエストロとなった頼則の生涯を、貴重な資料からたどっていく。


開催日時
2023年10月28日(土)〜12月17日(日)
9:30〜17:00
備考
休館日は月曜日(祝日の場合はその翌日)。11月13日(月)は県民の日のため開館し、11月14日(火)休館。12月7日(木)は満70歳以上は入館無料。
会場
茨城県立歴史館
茨城県水戸市緑町2-1-15
料金
有料
一般350円、大学生180円、満70歳以上170円、高校生以下無料 ※身体障碍者手帳等の所持者と付き添い1名無料
アクセス
公共交通:JR常磐線水戸駅下車、北口4番バス乗り場から偕楽園方面行き乗車約10分
車:常磐自動車道水戸ICから約15分/JR常磐線水戸駅(北口)から約7分
駐車場
あり 150台
無料
お問い合わせ
029-225-4425(茨城県立歴史館)
ホームページ
https://rekishikan-ibk.jp
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります