人間に対する際限のない愛情と好奇心

写真と映画によって、人々の姿を記録してきた本橋成一と、パリや自身が生まれたパリ郊外を舞台に、庶民の日常をとらえてきたロベール・ドアノー。今展では、50年を超える活動の中で本橋成一が取り組んできた多様な作品と、本橋自身が敬愛する写真家でもあるロベール・ドアノーが残した45万点を超える写真から精選した作品を展示し、二人の写真家によって編み出される物語を紹介する。


開催日時
2023年12月8日(金)〜2024年1月28日(日)
9:30〜17:30
備考
休館日は月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日(金)〜1月3日(水)。入館は閉館の30分前。
会場
田川市美術館
福岡県田川市新町11-56
料金
有料
一般800円/高大生600円/中学生以下無料
アクセス
公共交通:JR田川伊田駅よりタクシー約6分/バス停石炭記念公園口より徒歩約8分
車:九州自動車道小倉南ICより約30km
駐車場
あり 80台
駐車無料
お問い合わせ
0947-42-6161(田川市美術館)
ホームページ
https://tagawa-art.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります