館所蔵の古陶磁の名品を紹介

古陶磁に魅せられ、蒐集を始めることとなった平井氏の初期の思い入れ深いコレクションから、明時代のショウ州窯で焼かれた「呉州手色絵花鳥文大鉢」をはじめとした中国陶磁や李朝白磁、ベトナム・ペルシアの施釉陶器、萩焼など日本各地のやきものを展示する。また、幕末から明治にかけて活躍した日本画家、河鍋暁斎の「七福神図屏風」、エミール・ガレのガラス作品など、幅広い分野の名品を紹介する。


開催日時
2023年12月16日(土)〜2024年1月14日(日)
9:30〜17:30
備考
休館日は月曜日(1月8日は開館)、年末年始(12月29日〜1月3日)。
会場
明石市立文化博物館 1階特別展示室
兵庫県明石市上ノ丸2丁目13番1号
料金
有料
大人200円 大高生150円 中学生以下無料
アクセス
公共交通:JR・山陽電鉄「明石」駅より北へ徒歩約5分
車:第2神明大蔵谷出口より南西へ約10分
駐車場
あり 32台
1時間につき1台100円、1時間未満の端数は1時間とする
お問い合わせ
078-918-5400(明石市立文化博物館)
ホームページ
https://www.akashibunpaku.com/
イベント備考
ショウ州窯の「ショウ」の漢字は、さんずいに「章」

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります