笹部新太郎の蔵書に焦点を当てて紹介

日本古来の山桜・里桜の保全活動に生涯を捧げた笹部新太郎(明治20−昭和53)氏は、植物に関する専門的な教育を受けずに、独学で桜の研究に取り組んでいた。今回の展示では、農学や植物に関する専門書だけでなく、花にまつわる和歌集や桜の名所の地誌など、彼の研究を支えた多種多様な蔵書を、笹部さくらコレクション(西宮市より寄託)から紹介する。


開催日時
2023年12月6日(水)〜2024年3月4日(月)
10:00〜17:00
備考
開催日は12月6日(水)〜1月14日(日)、1月27日(土)〜3月4日(月)。休館日は火曜日、ただし1月9日(火)は西宮神社十日えびすのため臨時開館、年末年始休館は12月30日(土)〜1月3日(水)。入館は16:30まで
会場
酒ミュージアム(公益財団法人 白鹿記念酒造博物館)
兵庫県西宮市鞍掛町8-21
料金
有料
一般:500円、中・小学生:250円
アクセス
公共交通:阪神西宮駅より南へ徒歩約15分/阪神バス「マリナパーク」行「交通公園前」下車、南西へ徒歩約1分
車:-
駐車場
あり 6台
無料
お問い合わせ
0798-33-0008(酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館))
ホームページ
https://sake-museum.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります