光の模様が変化する不思議な箱をつくろう

箱の中に筒状のアルミシートを入れ、光にかざすとオーロラのように光が揺らめく不思議な箱は、東北芸術大学の松村泰三氏考案の『光の箱』をモデルとした工作。筒状のアルミシートに光が乱反射することでオーロラのような光の世界が広がる。光の性質と特徴について考えてみよう。


開催日時
2023年12月1日(金)〜2024年1月31日(水)
9:00〜17:00
備考
休館日は毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日を除く)、年末年始(12/29〜1/3)、1/10。受付時間は9:00〜11:30、13:00〜16:30。
会場
二戸市シビックセンター 3階田中舘愛橘記念科学館
岩手県二戸市石切所字荷渡6-2
料金
有料
オーロラボックス:150円 入館料:高校生・一般200円、小学生・中学生100円、幼児無料
アクセス
公共交通:JR東北新幹線・IGRいわて銀貨鉄道二戸駅より徒歩約20分(タクシー約5分)
車:八戸自動車道一戸ICより20分/浄法寺ICより30分
駐車場
なし
周辺の駐車場(合同庁舎またはスポーツセンター)を利用
お問い合わせ
0195-25-5411(二戸市シビックセンター)
ホームページ
https://www.nbsk.or.jp/tanakadate/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります