悲母観音からはじまる物語

近代日本美術の胎動期に狩野芳崖(1828−1888)が、最期に手掛けた作品「悲母観音」(1888、東京藝術大学蔵、重要文化財)。今展覧会では、この悲母観音からはじまる物語を紡いでいく。


開催日時
2024年2月6日(火)〜3月17日(日)
9:30〜17:00
備考
月曜日休館(ただし祝日の2月12日は開館)
会場
下関市立美術館
山口県下関市長府黒門東町1-1
料金
有料
一般1200円(平日1000円)大学生1000円(平日800円)
アクセス
公共交通:JR下関駅東口(1、2番のりば)より「長府・小月・宇部方面」ゆきバス約20分、「市立美術館前」下車
車:中国自動車道下関ICから「下関方面」に出て「壇ノ浦」方面へ、国道9号線合流地点を左折約5分
駐車場
あり 220台
無料
お問い合わせ
083-245-4131(下関市立美術館)
ホームページ
https://www.city.shimonoseki.lg.jp/site/art
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります