北前船がもたらした旧家の雛人形を展示

昭和23年より続く本間美術館の雛まつり。お雛様のやさしい微笑と、御所人形や衣装人形などの古典人形が雅な世界へと誘う。鶴岡の実業家・斎藤昌二氏のコレクション(白巽文庫)、庄内の名家・風間家や白崎家の段飾り、林昌寺寄贈の京都老舗人形店「丸平大木人形店」の雛人形師・大木平蔵作の雛人形など貴重な雛人形を展示。


開催日時
2024年2月24日(土)〜4月3日(水)
9:00〜16:30
備考
会期中無休。入館は16時まで。4月は9時〜17時(入館は16時30分まで)。
会場
本間美術館美術展覧会場、本館「清遠閣」会場
山形県酒田市御成町7-7
料金
有料
通常入館料:大人1,100円 学生500円 中学生以下無料
アクセス
公共交通:JR羽越本線「酒田」駅より徒歩約5分
車:日本海東北自動車道「酒田中央」ICより約15分
駐車場
あり 40台
駐車無料
お問い合わせ
0234-24-4311(本間美術館)
ホームページ
https://www.homma-museum.or.jp/
イベント備考
館長と巡る「古典人形の魅力」 3月10日(日)午前11時より

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります