商売繁盛と家内安全を祈る冬の風物詩

毎年2月に行われる「初金毘羅宵祭」は、金毘羅のお札を先頭に掲げながら商売繁盛や家内安全を祈願し、手作りの工夫を凝らした創作山車が神岡の街を練り歩く冬の風物詩。もともとは、芸者さんと木遣保存会の方々が商売繁盛と家内安全を祈願して行列したのが始まりで、以降60年以上続いている。現在では、地元の町内会や同級生などが集まって作る山車が冬の夜を明るく照らし、賑やかなパフォーマンスとで見物人を楽しませる。


開催日時
2024年2月24日(土)
12:00〜21:00
備考
新型コロナウイルス感染症の状況により、内容が変更する場合あり。
会場
飛騨市神岡町市街地
岐阜県飛騨市神岡町船津地内
料金
無料
-
アクセス
公共交通:JR飛騨古川駅から車で約40分
車:東海北陸道清見IC下車約1時間
駐車場
あり 150台
神岡振興事務所駐車場、夕陽ヶ丘市民駐車場 ほか1カ所臨時駐車場あり
お問い合わせ
0578-82-2253(神岡振興事務所企画商工観光係)
ホームページ
https://konpira.kamioka.info/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります