古典籍から知る、作家 高田郁の世界

高田郁さんの小説の面白さは、そのストーリーや魅力ある登場人物はもちろん、何よりもしっかりと調べつくされた時代風景にある。頭に浮かんだ物語を裏付けるために調べた古典籍や古地図…。創作の際は、中之島図書館にもよく来られていたそうだ。江戸時代の人々のくらしや商いの様子『あきない世傳 金と銀』に登場する場面や人物、書籍など、その世界を図書館の資料を通して感じとる。※高田郁の高は「はしごだか」


開催日時
2024年3月1日(金)〜4月20日(土)
9:00〜20:00
備考
休館日は日曜日・祝日および3月14日 。土曜日は9:00〜17:00。3月3日は展示室のみ開館(10:00〜17:00)。
会場
大阪府立中之島図書館 3階展示室
大阪府大阪市北区中之島1-2-10
料金
無料
-
アクセス
公共交通:Osaka Metro御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪本線「淀屋橋」駅より北東へ約300m
車:-
駐車場
なし
お問い合わせ
06-6203-0474(大阪府立中之島図書館 大阪府立中之島図書館 指定管理者ShoPro・長谷工・TRC共同事業体)
ホームページ
https://www.nakanoshima-library.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります