読書の楽しさ、図書館で調べる面白さ再発見

作家の高田郁さんは創作の際、中之島図書館によく来ていた。図書館で何を考え、何を調べていたのか。調べたものは物語のどこに反映されたのか。『あきない世傳 金と銀』の扉の引用文になぜ、『日本永代蔵』を選んだのか。高田郁さんをゲストに、本を読む楽しさと図書館で調べる面白さについて自由に対談する。参加希望者は、メール・FAX・来館のいずれかで事前申込が必要。抽選制。 ※高田郁の高は「はしごだか」


開催日時
2024年3月3日(日)
14:00〜15:30
備考
開場13時30分〜
会場
大阪市中央公会堂 B1 大会議室
大阪府大阪市北区中之島1-1-27
料金
無料
-
アクセス
公共交通:Osaka Metro 御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪本線「淀屋橋」駅(1号出口)から北東へ約300m
車:-
駐車場
あり 18台
お問い合わせ
06-6203-0474(大阪府立中之島図書館 指定管理者ShoPro・長谷工・TRC共同事業体)
ホームページ
https://www.nakanoshima-library.jp/event/event-1651/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります