皇居宮殿・竹の間 飾壺の姉妹作を初公開!

「うつわ」たちを「大きさ」という観点からから読み解く展覧会。岐阜県現代陶芸美術館の近現代陶磁器コレクションから、日本で作られた陶磁器による様々な大きさの作品を紹介。そして令和5年度、新たに収蔵した人間国宝・加藤土師萌による畢生の大作であり、皇居宮殿に収められた萌葱金襴手菊文蓋付大飾壺とほぼ同サイズの姉妹作「黄地金襴手菊文蓋付大飾壺」を最大のうつわとして初公開する。


開催日時
2024年3月16日(土)〜5月26日(日)
10:00〜18:00
備考
休館日は月曜日(4月29日、5月6日をのぞく)、4月30日(火)、5月7日(火)。入館は17:30まで。
会場
岐阜県現代陶芸美術館
岐阜県多治見市東町4-2-5セラミックパークMINO内
料金
有料
観覧料:一般340円(280円)、大学生220円(160円)、高校生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
アクセス
公共交通:JR多治見駅よりバスで約15分
車:中央自動車道多治見ICより約10分
駐車場
あり 312台
無料
お問い合わせ
0572-28-3100(岐阜県現代陶芸美術館)
ホームページ
https://www.cpm-gifu.jp/museum
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります