受賞作7点を含む入選作品全75点を展示!

日本を代表する工芸として、永い歴史をもつ漆芸。日本伝統漆芸展は、伝統の継承と現代生活への応用を目指し、日本伝統工芸展の漆芸部会展として開かれている。第41回となる今展は、東京・高松・広島の3会場を巡回し、受賞作7点を含む入選作品全75点を展示。また、常設展示室2では、昨年9月に惜しまれながら逝去した漆芸家・磯井正美氏を偲び、「追悼 磯井正美展―伝統から創造へ」を同時開催する。


開催日時
2024年3月9日(土)〜3月27日(水)
9:30〜17:00
備考
休館日は月曜日。入室は閉館30分前まで。
会場
高松市美術館
香川県高松市紺屋町10-4
料金
有料
一般200円、大学生150円、65歳以上・高校生以下無料 ※常設展示室2観覧料含む
アクセス
公共交通:JR「高松」駅より南へ徒歩約15分/ことでん「瓦町」駅・「片原町」駅より徒歩約10分
車:「高松中央」ICから約15分/「高松西」ICから約20分
駐車場
あり 144台
25分100円
お問い合わせ
087-823-1711(高松市美術館)
ホームページ
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/event/exhibitions/exhibition_2023/collection_2023/da_20240309.html
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります