物流と文化の大動脈

年貢米輸送を主な目的として、慶長年間に角倉了以によって開削された富士川水運(舟運)は、江戸時代を通じて、人々の生活を支える物流の大動脈であった。明治維新により政治・社会が大きく変わるなかで、富士川水運はますます重要な物流ルートとなり、明治20年代には最盛期を迎え、人々の往来による文化の発展や、多様かつ大量の物資を内陸地域にもたらした。今展では、富士川水運のおよそ300年間の歩みについて紹介する。


開催日時
2024年3月16日(土)〜5月6日(月)
9:00〜17:00
備考
休館日:毎週火曜日、ただし4月30日(火)は開館 ※最終入館は16:30まで
会場
山梨県立博物館
山梨県笛吹市御坂町成田1501-1山梨県立博物館
料金
有料
入館料:一般500円 、大学生250円 ※高校生以下無料。障害者の人及びその介護者は無料。山梨県内在住の65歳以上の人は無料。団体料金、県内宿泊者割引制度あり。
アクセス
公共交通:JR中央本線石和温泉駅からバス・タクシーで約10分、徒歩の場合は約35分
車:中央自動車道一宮御坂ICから車で約8分
駐車場
あり 180台
駐車無料
お問い合わせ
055-261-2631(山梨県立博物館)
ホームページ
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3nd_tenjiannai_23tokubetsu003.html
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります