武家屋敷でみる蜂須賀桜!

蜂須賀桜は、ヤマトザクラと沖縄系の桜の一代交雑種カンザクラの一種で、江戸時代まで徳島城御殿にあった。明治初期の廃藩置県に伴い、最後の徳島藩主・蜂須賀茂韶(もちあき)が重臣の原田家(国登録有形文化財)当主に託したとされている。2月中旬から淡い紅色の花を約1ヶ月にわたり咲かせる。お茶会やライトアップ等の催しはないが、期間中入口が開放されるので、自由に桜を鑑賞しよう。


開催日時
2024年2月25日(日)〜3月20日(水)
備考
期間中は入口が開放され、自由に桜を観賞できる。
会場
武家屋敷原田家
徳島県徳島市かちどき橋3丁目43
料金
無料
-
アクセス
公共交通:JR阿波富田駅より徒歩約10分
車:-
駐車場
なし
お問い合わせ
088-625-8739(NPO法人 蜂須賀桜と武家屋敷の会)
ホームページ
https://www.awanavi.jp/archives/event/2222
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります