オルゴール職人たちの歩みを辿る展覧会

東洋のスイスと呼ばれる長野県諏訪地方で国内初のオルゴール量産化を成功させた会社の国産オルゴール製造の軌跡を紹介。彼らのオルゴール試作第一号機は「バケツの底を叩くような音」と揶揄されたが、職人たちの情熱と試行錯誤を繰り返した結果、世界市場を席巻するにまで至る。今展では、オルゴールの歴史と技術を継承するモノづくりの現場、最新技術を駆使した次世代オルゴールを交えて「オルゴールの今」を体感できる。


開催日時
2024年3月27日(水)〜5月28日(火)
10:00〜16:00
備考
毎週月・火・木・金開館。4/29(月)〜5/6(月) は休館。5/11(土)は特別開館。
会場
永守コレクションギャラリー
京都府向日市森本町東ノ口1番地1ニデックパーク
料金
一部有料
ワークショップのみ材料費実費
アクセス
公共交通:JR京都線向日町駅から徒歩10分
車:-
駐車場
あり 5台
ギャラリー駐車場・駐輪場は予約制。希望者は予約時にお知らせ。また、社会見学等、バスでの来館希望者は1週間前までに問い合わせを。
お問い合わせ
075-280-1110(永守コレクションギャラリー)
ホームページ
https://nagamori-gallery.org/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります