実車も登場!時代を彩った名車のカタログ展

奈良県立民俗博物館(奈良県大和郡山市)は、ACC・JAPAN共催展示会「1960年代の車と暮らし」を開催。日本車飛躍の原点となった1960年代を代表するクルマのカタログやポスターを展示し、その誕生の背景となった世相を年表やパネルで紹介。さらに、奈良トヨタ株式会社の協力により、初代カローラのレストア車も登場する。当時のノスタルジックな雰囲気を感じられる展示となっている。


開催日時
2024年5月3日(金)〜5月5日(日)
9:00〜17:00
備考
3日は11:00から開始、5日は15:00で終了
会場
奈良県立民俗博物館
奈良県大和郡山市矢田町545番地大和民俗公園内
料金
有料
入館料:一般200円、大学生150円、高校生以下と65歳以上は無料
アクセス
公共交通:「近鉄郡山」駅または「大和小泉」駅より奈良交通バス「矢田東山」バス停下車、徒歩約10分
車:第二阪奈道路「中町」ICより県道7号線経由5km
駐車場
あり 150台
駐車無料
お問い合わせ
0743-53-3171(奈良県立民俗博物館)
ホームページ
https://www.pref.nara.jp/item/307047.htm#itemid307047
イベント備考
【主催】奈良県立民俗博物館、ACC・JAPANくるまスキなかまたち【協力】奈良トヨタ株式会社

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります