「巨大ロボットとは何か」を問いかける!

『鉄人28号』(1963年)をロボットアニメの嚆矢として、その後『マジンガー Z』(1972年)の大ヒット、新風を吹き込んだ『機動戦士ガンダム』(1979年)の影響下、現在に至るまで多数のロボットアニメが制作されてきた。本展では、ロボットアニメにおけるデザインと映像表現の歴史を、それらの「リアリティ」形成において重要な役割を果たした設定上の「メカニズム」と「大きさ」を軸に検証していく。


開催日時
2024年4月20日(土)〜6月16日(日)
9:30〜17:00
備考
休館日は月曜日。ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館、4月30日(火)、5月7日(火)は休館。金・土曜日は19:00まで開館。入室は閉館30分前まで。
会場
高松市美術館
香川県高松市紺屋町10-4
料金
有料
一般1200円・大学生600円・高校生以下無料
アクセス
公共交通:JR「高松」駅より南へ徒歩約15分/ことでん「瓦町」駅・「片原町」駅より徒歩約10分
車:「高松中央」ICから約15分/「高松西」ICから約20分
駐車場
あり 144台
25分100円
お問い合わせ
087-823-1711(高松市美術館)
ホームページ
-
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります