他人同士が交わることなく存在する街の情景

サウンドインスタレーションのレジェンド鈴木昭男とダンサー&アーティスト宮北裕美の作品展。鈴木氏は、京都芸術センターでの茶会の席主として制作した茶器「竹茶耳」の最初のひとつを展示。他に、1976年のモノタイプの復刻(コロタイプによる)、2021〜2023年作の作品も展示。宮北氏は、新作、ダンス作品NuTuに用いる京丹後の浜で採集した自然石を展示する。


開催日時
2024年3月20日(水)〜4月4日(木)
13:00〜19:00
備考
休業日は、3月25日(月)・26日(日)・4月1日(月)・2日(火)
会場
ヴォイスギャラリー MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w
京都府京都市下京区筋屋町147-1
料金
無料
-
アクセス
公共交通:阪急電鉄烏丸駅または京都河原町駅より徒歩約5分/京阪電鉄祇園四条駅より徒歩約15分
車:-
駐車場
なし
お問い合わせ
075-341-0222(ヴォイスギャラリー広報担当)
ホームページ
http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php#sakai2024
イベント備考
茶会「明倫茶会 点 音」は京都芸術センター主催のため、直接問い合わせを。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります