生誕200年の「歓喜の歌」が静岡に響く!

静岡市文化振興財団主催「ベートーヴェン 交響曲全集」最終回となる第5弾では、ベートーヴェンの最期の交響曲、第9番、通称「第九」を演奏。日本を代表する指揮者 沼尻竜典のもと、俊英声楽家、読売日本交響楽団、新国立劇場合唱団を迎え、今年で誕生200年を迎える歓喜と希望にあふれた第九を静岡の人々へ届ける。未就学児入場不可。


開催日時
2024年5月11日(土)
15:00〜16:30
備考
14:30開場
会場
静岡市民文化会館 大ホール
静岡県静岡市葵区駿府町2-90
料金
有料
指定A:一般7,000円、静岡音楽館倶楽部会員6,300円 指定B:一般6,000円、静岡音楽館倶楽部会員5,400円、22歳以下1,000円(22歳以下価格は指定Bのみ)
アクセス
公共交通:JR静岡駅北口より徒歩25分、静鉄バスを利用して10分(「市民文化会館入口」下車)
車:-
駐車場
なし
静岡市民文化会館前駐車場、または近隣の駐車場を利用。
お問い合わせ
054-251-2200(静岡音楽館AOI)
ホームページ
https://www.aoi.shizuoka-city.or.jp/
イベント備考
休憩なし。演奏開始後は途中入場ができないので時間に余裕を持って会場へ。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります