中津の開発史を地域ゆかりの文化財で学ぼう

私たちの住むまち中津の成り立ちを開発という視点でひも解く。開発とは、森林や荒れ地などを切り開いて人間の生活に役立つようにすること。展示では田畑の開発に関する文献史料・考古資料をもとに、古代・中世に生きた人々の営みを紹介する。


開催日時
2024年3月16日(土)〜5月6日(月)
9:00〜17:00
備考
月曜日休館(祝日の場合はその翌日休館)入館は16:30まで
会場
中津市歴史博物館
大分県中津市三ノ丁1290
料金
有料
観覧料:一般300円、団体100円(20名以上)、中学生以下無料
アクセス
公共交通:JR中津駅より徒歩15分
車:東九州道中津ICより約15km
駐車場
あり 15台
お問い合わせ
0979-23-8615(中津市歴史博物館)
ホームページ
http://nakahaku.jp
イベント備考
記念講演会、ウォーキングイベントも予定。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります