造幣局の八重桜が春をお知らせ

大阪の「桜の通り抜け」で有名な造幣局から昭和42年に広島支局へ移植された桜。樹勢も盛んになった平成3年4月に造幣局創業120年を記念し一般公開を開始。春の恒例行事として定着した。幅広い品種を楽しめ、今年の桜は67品種211本、今年の花は「紅手毬」。名前の由来は、多数の花が枝の先に密生して咲き、花が赤い手毬の状態になることから。今年は新たに「江戸」と「東京桜」が、12年ぶりに「花染衣」が登場する。


開催日時
2024年4月5日(金)〜4月11日(木)
10:00〜20:00
備考
JR・広島電鉄「五日市」駅北口から臨時バス(有料)運行
会場
造幣局広島支局
広島県広島市佐伯区五日市中央6-3-1
料金
無料
-
アクセス
公共交通:JR・広電「五日市」駅〜臨時有料バス運行または広電バス「五日市五丁目口」、「千同橋」下車徒歩約10分
車:-
駐車場
なし
造幣局構内及びその周辺には駐車場はないため、 バス等の交通機関利用で来場を
お問い合わせ
050-3615-6332(サポートダイヤル(9:00〜20:00))
ホームページ
https://www.mint.go.jp/wide/sakura_hiroshima_news_r3.html
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります