「確かな情報」の必要性、コロナ禍の記録

同館は新型コロナ最初の緊急事態宣言が明けたばかりの2020年、緊急企画展「新型コロナと情報とわたしたち」を開催した。SNS時代に起きた世界的な感染症の流行はインフォデミックをもたらし、不安や恐怖で流言・デマが行き交った。コロナが5類に移行して1年、コロナ禍がわたしたちに何を残したのか、SNS時代のマスメディアの役割や課題は何か。あらためて今展を通じて一緒に考えたい。「確かな情報」がなぜ必要なのか。


開催日時
2024年4月20日(土)〜9月1日(日)
10:00〜17:00
備考
休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日が休館日)。最終入館は16時半。
会場
ニュースパーク(日本新聞博物館)
神奈川県横浜市中区日本大通11横浜情報文化センター
料金
有料
入館料:一般400円、大学生300円、高校生200円、中学生以下無料
アクセス
公共交通:みなとみらい線「日本大通り」駅3番情文センター口直結 /JR・横浜市営地下鉄「関内」駅から徒歩10分
車:首都高速「横浜公園」出口から約3分
駐車場
なし
横浜情報文化センター駐車場・日本大通り地下駐車場を利用。
お問い合わせ
045-661-2040(ニュースパーク)
ホームページ
https://newspark.jp/exhibition/ex000355.html
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります