名作絵本の原画を中心に画業を回顧

雑誌「anan」「BRUTUS」のロゴやデザインで知られる、昭和を代表する伝説のアートディレクター、堀内誠一。彼は一方で、『くろうまブランキー』をはじめ、『ぐるんぱのようちえん』『たろうのおでかけ』など、構成、構図に工夫を凝らし多様な手法を駆使した名作絵本を数多く生み出し、絵本作家としても活躍した。今展では、絵本原画を中心に画業を回顧し、堀内にとっての「描くこと」を紐解く。


開催日時
2024年4月13日(土)〜6月2日(日)
9:30〜18:00
備考
休館日は月曜日(4月29日、5月6日は開館)、4月30日、5月7日。入館は17:30まで。
会場
岩手県立美術館
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
料金
有料
一般 1,300円(1,000円)、高校生・学生 800円(600円)、小学生・中学生 500円(400円) ※( )内は20名以上の団体料金
アクセス
公共交通:盛岡駅東口から岩手県交通バス盛南ループ200乗車、「県立美術館前」下車
車:盛岡ICより約15分/盛岡南ICより約15分
駐車場
あり 156台
駐車無料
お問い合わせ
019-658-1711(岩手県立美術館)
ホームページ
https://www.ima.or.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります