金彩の輝くサツマを一堂に―新収蔵品も

慶応3年(1867)のパリ万国博覧会に出品された金彩の薩摩焼は、「サツマ」を欧米に広め、輸出の時代を築く。その人気は、他産地での薩摩焼素地への上絵付や、薩摩様式での生産をもたらした。本展では館蔵品より、鹿児島のほか各産地でつくられた、金彩の輝く輸出陶磁器「サツマ」を紹介する。2019年に開催した企画展「魅了する 煌めく薩摩」から5年を経て、新たに収蔵した作品も展示を予定している。


開催日時
2024年5月24日(金)〜8月25日(日)
10:00〜17:00
備考
休館日:月曜 (祝休日の場合は開館し、翌平日休館) 、夏期(8/13〜8/16)/入館は16時30分まで
会場
横山美術館
愛知県名古屋市東区葵1-1-21
料金
有料
一般1,000円(800円)/高・大学生・シニア65歳以上800円(600円)/中学生600円(400円)/小学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金、障がい者手帳所持者700円
アクセス
公共交通:東山線「新栄町」駅(1番出口)より徒歩約4分/桜通線「高岳」駅(3番出口)より徒歩約4分
車:名古屋高速都心環状線「東新町」出口から約5分
駐車場
なし
近隣の駐車場を利用
お問い合わせ
052-931-0006(横山美術館)
ホームページ
https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります