日本テレビ系「ウチの夫は仕事ができない」第3話。相変わらず司(錦戸亮)のダメサラリーマンの雰囲気は、本当に情けなく見えてすごく良い。だが、タイトルに反して司は仕事が出来すぎると思う。


あらすじ


今回のテーマは嘘。アルバイトを始めようと沙也加(松岡茉優)は、パン屋さんへ面接に行くが、偶然そこで高校時代に付き合っていた元カレが働いていた。その店で働くかどうかは決めかねていたが、後ろめたさで司に嘘をついてしまう。一方、司はショッピングモールでのイベント企画出しを任される。沙也加のアイデアで10本企画を提出したが、コンペで通ったのは、そのうちの1本の捨て企画、有名アーティスト・レイジカキタニ(岸谷五朗)に協力を仰ぐという実現が難しいものだった。

後輩でエリートの田所(薮宏太)と一緒にレイジカキタニの家に出向く。田所は、納期まで締め切り2週間という事実を隠し、2ヶ月でOKととりあえずの確約を取ろうする。しかし、嘘がつけない司は、本当の納期をレイジカキタニに明かしてしまう。

すごくいいんだけど、どう見ても仕事が出来る


最後まで仕事で嘘をつかずに真摯に向き合うことで、レイジカキタニの信頼を勝ち取った司は、沙也加の嘘を「ついても良い嘘がある」と許した。司自身も、近所の小さな男の子のために、頭脳戦隊ブレインジャーのフリをしていると明かす。沙也加も、パン屋でのバイトを断り、司には「もう締め切ってしまった」と、相手を気遣う嘘をついた。

嘘というテーマに対して今回の第3話は、すごく良かったと思う。だが、どうしても司の有能っぷりが気になってしまう。見ようによっては、怒ってばかりのチームリーダー土方(佐藤隆太)を、2話連続で上回っている。土方の想像を超える結果を出している。

いかに仕事が出来るか


司がいかに仕事が出来るかを考えてみたい。

・ミスをしていない

まず、第3話で司は一度もミスをしていない。強いてミスを挙げるとすれば、スマホを家に忘れたくらいだろうか。それも何かのミスに繋がったわけでもない。

・下調べをしっかりする

レイジカキタニの祖母がイベントが行われるショッピングモールがあるカバガヤ出身であることをリサーチし、手土産にレイジカキタニの好きなサクランボ餅を用意した。

・納期を伸ばしてもらう

徹夜で工場の仕事を手伝い、納期を2週間から3週間に延ばしてもらうことに成功した。ひたむきさで工場長の信頼を得たのだ。またTシャツを作るイベントがあれば、必ずこの工場長は司に力を貸してくれるはず。上司の黒川(壇蜜)も「一流の仕事は信頼を得ること」と言っている。

・仕事が出来ないキャラを、武器にし始める

司はレイジカキタニを説得する際、「僕は、入社して7年間で8回の移動を経て、第一制作部にきました。肩叩き人事です」と、なんと自分の仕事が出来ないというキャラクターを武器にし始めたのだ。自分の弱みを先に見せて同情と共感を誘うという高等テクニックだ。エリートの田所にはない、自分だけの個性を活かし始めた。

・嘘に対するポリシー

この第3話、ただのバカ正直が純粋さだけで成功をした。という話ではない。仕事に関して嘘はついたものの、実は「人のために嘘をつく」のはアリという考えを持っていた。つまり、レイジカキタニの件では、嘘はつかないと判断したが、今後、相手のためを思う嘘をビジネスに活かしてきてもおかしくないということだ。

少しずつ仕事が出来るようになっていく話かと思われた「ウチの夫は仕事ができない」。第3話にして、早くも完璧な仕事を見せつけ、エリート田所を上回っている。

今夜放送の第4話は、あらすじによると、司はテレビ局の夏のイベントの隙間企画を担当する。沙也加に良い所を見せるために、ただの担当ではなく責任者になったと見栄を張る。いや、嘘付くんかい。

さらに大きなミスをして、担当していたラップバトルのイベントが中止の追い込まれるらしい。来週はもっと、錦戸君のうなだれる姿が見られるかもしれない。もっと仕事が出来ない感じが見たい。

(沢野奈津夫 イラスト/Morimori no moRi)