7月25日(火)放送の火曜ドラマ『カンナさーん!』(TBS系列)第2話。平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)で、同じ火ドラ枠だった『逃げるは恥だが役に立つ』2話の12.0%を上回った。
カンナの夫にも姑にも夫の浮気相手にもツッコミどころやイライラポイントが満載で、かえって見逃せなくなってしまっている人も多そうだ。


第2話あらすじ


浮気をした夫・礼(要潤)と離婚し、息子の麗音(川原瑛都)と2人で生きていくことを決意したカンナ(渡辺直美)。仕事をしながら一人で育児をするのは大変だが、礼や姑・柳子(斉藤由貴)には頼りたくないと頑張っていた。
しかし、職場では後輩の翔子(トリンドル玲奈)の大量発注ミスが発覚。一晩で6,000枚の服の値札を取り替えなければならなくなる。柳子にイヤミを言われながらも、翔子とチームのため、やむを得ず義実家に麗音を預けることを決めた。

一生懸命生きている空気感を伝えるドラマ


「もちろん、ずっと笑顔でいられるわけじゃない。でも、つらいときこそ笑い飛ばすのが、私の信条だ。タフでいよう、セクシーでいよう、そしてハッピーでいよう」

麗音を寝かせた後、夜中に一人でソファに寄りかかったカンナのモノローグ。
つらさを笑い飛ばすために、歌舞伎の隈取り柄が描かれたパックを顔に貼りつけて、自撮りをしてインスタグラムにアップする。その投稿には、たった8分間で40いいね! と12コメントがついた。すごいな。
このインスタグラムの設定は、当然、渡辺直美の「インスタグラムフォロワー数日本一」という実績から来ているものだろう。

ドラマの後半では、6,000枚の服のプライスカード(値札)を一晩で取り換えるために、カンナのインスタフォロワーたちが16人も手伝いに来てくれる。
そんな身元もわからない人を会社の倉庫に入れて大丈夫なのか。上司の美香(山口紗弥加)がその辺をちょっと一言突っ込んでくれるかと思ったが「やれやれ」という感じに笑って流してしまった。カンナのプライベートに対してはあんなにうるさいのに。

そもそも、プライスカードの金額を誤って発注したのがトラブルの原因なのに、正しい金額のプライスカード6,000枚はどこから出てきたのだろう。
麗音が通う保育園の保育士・青ちゃん先生(工藤阿須加)が保護者であるカンナのインスタをフォローし、正体を隠してコメントのやり取りをしていたのは園として問題ないのだろうか。
社員たちの深夜残業代は出るのか? フォロワーたちは無償ボランティアでいいのか?

後から考えると色々と細かい気になるポイントは出てくる。
だけどドラマを見ている最中は、カンナをはじめ集まった社員やフォロワーたちが楽しそうで、その高揚感に乗せられてしまう。モブであるはずのフォロワーたち一人ひとりにキャラクターがついている感じも、盛り上がりに貢献していた(バンドマン、昔のオタクみたいな人、ロリータ族っぽい人など)。

鋭いセリフや演技の技巧ではなく、誰もが一生懸命生きている「ひたむきな空気」を伝えたいドラマなのかもしれない。姑・柳子も「あなた(カンナ)が一生懸命なのはわかるけど、頑張っているのはあなただけじゃないのよ」と話していた。

カンナ=渡辺直美ではない。エッセイに綴る本当の姿



ドラマでは「まあ、睡眠時間削りゃ、なんとかなる」「つらいときこそ笑い飛ばす」とポジティブさを押し出しているカンナ。
カンナと渡辺直美の見た目やイメージがマッチしているために、渡辺自身もカンナのような人だろうと思い込みかける。しかし、本当は少し違っているようだ。

2017年6月29日に発売された渡辺直美ファースト写真集『NAOMI』。
この写真集には、渡辺直美の手書きエッセイが収録されている。

〈ニューヨーク、ロスはお客さんが入らないかもと弱気で
 100人キャパくらいでいいよ! と言ったら、
 みんなにおこられました。〉
〈スベることはとてもコワい〉
〈昔から ごまかす事が人生の軸になって生きてきた。〉
(渡辺直美写真集『NAOMI』 写真・新田桂一 ヨシモトブックス より)

エッセイの中で、渡辺は自分のダメなところや傷ついたことなどを正直に書いている。
ワールドツアーの際に「もっとお客さんを集められる」と考えた周囲の評価に対して、渡辺の自己評価は低い。堂々として見えるが、自信満々に生きているタイプではないのだ。

〈こんな幸せな日々を過ごさせてくれてありがとう!〉
(渡辺直美写真集『NAOMI』 写真・新田桂一 ヨシモトブックス より)

一生懸命だから一人で抱え込んで突っ走ってしまうカンナ。
対して渡辺は、ファンやスタッフ、これまで出会ってきた周囲の人たちへの感謝や気遣いをエッセイに繰り返し書き綴る。ファンや周囲の人を信頼して、ダメなところも隠さず、恥ずかしがりながらも見せてくれる。自信のなさを、謙虚さや感謝の気持ちに美しく昇華している人だ。
これからドラマ最終話までの間に、カンナもそんな信頼関係を結べる人と出会ってほしい。クズ夫の礼にその役割を引き受ける器があれば、一番良いのだけど。

7月14日(金)の『A-Studio』(TBS系)にゲスト出演した渡辺直美は、アメリカ留学中のエピソードで「何もしないで『私は向いていない』じゃなくて、やってその先に進むっていうのが大事だなと思った」と話した。
ドラマ『カンナさーん!』で、ポジティブアイコンになることに挑戦した渡辺が、経験を糧にしてどんな「その先」に進んでいくのか。早くも楽しみになってきた。

第2話は、8月1日(火)よる9時59分まではTVerで、それ以降もAmazonビデオのTBSオンデマンドなどで見ることができる。
第3話は、8月1日(火)よる10時から放送予定。

(むらたえりか)

火曜ドラマ『カンナさーん!』
毎週火曜 よる10時
出演:渡辺直美、要潤、川原瑛都、シシド・カフカ、斉藤由貴ほか
原作:深谷かほる『カンナさーん!』(集英社)
脚本:マギー
演出:平野俊一、国本雅広
プロデューサー:千葉行利、有賀聡