『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』(日本テレビ系)第8話。
警視総監からの指示で特別留置所に拘束された遊佐清春(賀来賢人)。再び現れたガスマスクの男にフラッシュ画像を見せられ、碓氷薫(広末涼子)のUSBのパスワードを思い出す。宮城遼一(細田義彦)の助けを得て、「ニッポンノワール」に拘束されている碓氷克喜(田野井健)の救出に向かう。待ち受けていたのは公安部刑事・眞木光流(矢本悠馬)。「ニッポンノワール」の本当の狙いは、清春だと判明した。


覚醒間近の清春


眞木は、子供を平気で蹴り飛ばし、同期を撃っても「汚ね」しか言わない、ヤバいやつ。清春に借りを返すことにしか興味がなく、上の言うことも聞く気がない。覚醒間近の清春は、そんな眞木を素手で、一撃でねじ伏せてしまった。頭をズシャッと。第一話で銃を持つ克喜にしたように。覚醒した清春にとって、”公安部の本気“である眞木でも、子供のような存在になってしまうのだろう。
覚醒とは何なのか。
どうなろうと、演じ切ってくれる安心感があるキャストだ。

俺と過ごした時間は紛れもない真実だ


毎話登場する「3年A組」のキャストも楽しみになっている。今話では、宮城とバディを組んでいた郡司真人(椎名桔平)が登場した。
郡司は、宮城の事情を知っていた。調査に来たやつを締め上げて、ニッポンノワールの概要を把握していた。すごすぎる。
「正直、お前の気持ちを理解することはできない。でも、これだけは言えるかな。俺はお前とバディ組んだことを誇りに思ってる。」
「俺と過ごした時間は紛れもない真実だ。」
宮城は、郡司の言葉に涙ぐみ、「ありがとうございました!」と頭を下げた。
清春に出会って笑顔が増えた克喜同様、郡司や清春と過ごした時間が、宮城を変えたのもまた真実なのだろう。

それぞれが自分の計画を持っているようで、結末が読めない。
喫茶ボナーロのオーナー・深水喜一(笹野高史)はもちろん怪しいが、未だ何のために動いているのかはっきりわからない南武修介(北村一輝)も気になる存在だ。

清春の「アンタがニッポンノワールの黒幕なのか?」で第8話が終了。
今夜放送の第9話では、清春の記憶が全て蘇るとのこと。見逃せない。
(イラストと文/たけだあや)

『ニッポンノワール ー刑事Yの反乱ー』
毎週日曜よる10時半〜
出演:賀来賢人、広末涼子、井浦新、夏帆、工藤阿須加、佐久間由衣、立花恵理、田野井健、細田善彦、篠井英介、杉本哲太、笹野高史、北村一輝ほか
脚本:武藤将吾
演出:猪股隆一、小室直子、西村了
音楽:松本晃彦
エンディング曲:「愛はスローにちょっとずつ」サザンオールスターズ
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:福井雄太、柳内久仁子
制作協力:AX-ON
制作著作:日本テレビ

日本テレビ番組HPhttps://www.ntv.co.jp/NNY/
ツイッター https://twitter.com/NNY_ntv
Instagram https://www.instagram.com/nny_ntv/