「和のあかり×百段階段展〜日本の色彩 日本の意匠〜」が、2017年7月1日(土)から8月27日(日)まで、東京・目黒雅叙園で開催される。

2015年の初開催以降毎年人気を集め、現在累計来場者数9万人となった人気イベントが、2017年夏も目黒雅叙園へ。今年は「日本の色彩と意匠」をテーマに、職人やアーティストたちが新たな芸術作品を作り上げる。

展示会場となるのは、文化財「百段階段」。昭和初期の画家たちが描いた日本絵画を飾った色彩豊かな7つの部屋が存在する。「祭り」「アート」「職人」の3つのジャンルを中心に全国各地から集めた作品をアートイルミネーションとして飾り、各部屋に”和のあかり”を灯す。

見所は、青森ねぶた祭や秋田竿燈まつりなど日本の祭りをテーマにした作品。長崎の冬の風物詩「長崎ランタンフェスティバル」から龍とカラフルなランタンが登場し、より会場に色鮮やかな光を添える。また、ねぶた大賞などの受賞歴を持つベテランねぶた師・竹浪比呂央による、「相馬太郎良門 妖術を修る」のオリジナルバージョンも展示される。

【イベント詳細】
アートイルミネーション「和のあかり×百段階段展 2017 〜日本の色彩 日本の意匠〜」
開催期間:2017年7月1日(土)〜8月27日(日)
会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
時間:10:00〜18:00
※最終入場は閉場の30分前。
※金曜、土曜は20:00まで。
入場料:当日券 1,500円、前売券 1,200円、館内前売券 1,000円、学生 800円
※全て1名料金

【問い合わせ先】
03-5434-3140(10:00〜18:00)