横浜中華街を中心に神奈川県内から、全44店舗が一堂に集結する「神奈川・横浜中華街展」が、東京・上野の松坂屋上野店で開催。期間は2017年7月26日(水)から31日(月)まで。

2017年が初開催となる「神奈川・横浜中華街展」では横浜中華街を中心に神奈川県内から、全44店舗の中華料理店が出店。北京ダック専門店「龍翔記」の「北京ダック1/2羽」や、横浜中華街「牡丹園」の「フカヒレ姿煮込スープ炒飯」などインパクト抜群のメニューを中心にラインナップ。

その他にも、中華まん、小籠包、スイーツなど様々な中華料理が目白押しだ。中でも、イベント内で催される「炒飯グランプリ」では5店舗から22種類の炒飯が勢ぞろい。炒飯を注文した人に投票用紙が配布され、人気投票によってグランプリが決められる。

また、たくさんの中華料理が楽しめるイートイン以外に、中国獅子舞や、香港風水占いなどのイベントも多数。2017年7月28日(金)からは上野動物園の赤ちゃんパンダの名前公募が始まる。

プレミアムフライデーにはお得な炒飯の登場も。家庭で食べる中華料理とは一味も二味も違った、本格的なメニューを試してみてはいかがだろうか。

【詳細】
「神奈川・横浜中華街展」
開催期間:2017年7月26日(水)〜31日(月)
会場:松坂屋上野店本館6階催事場
住所:東京都台東区上野3丁目29−5
■メニュー例 ※価格は全て税込み
〈牡丹園〉フカヒレ姿煮込スープ炒飯胸ひれ1枚 3,240円
〈愛香楼〉豚の醤油煮込み炒飯 1,080円
〈龍翔記 北京ダック専門店〉北京ダック 1/2羽 3,960円
〈王府井2号店〉台湾シルクアイス 600円