ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「シェイク シャック(Shake Shack)」は、2017年秋に、みなとみらい店と六本木店をオープンする。

2015年11月に日本初上陸を果たしたハンバーガーレストラン「シェイク シャック」は、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグ、フローズンカスタード、フレンチフライ、オリジナルなどを提供するハンバーガーレストラン。

オープン後すぐに行列の絶えない人気店となった外苑いちょう並木店に続き、アトレ恵比寿店、東京国際フォーラム店、新宿サザンテラス店と順調に出店を重ねており、今回オープンするみなとみらい店と六本木店は、それぞれ日本5号店、6号店となる。

地域に根差した店舗を目指すべく、新たに生まれるこの2店舗は、各エリアの性格を踏まえた、それぞれ趣の異なるレストランとして完成予定。また、新店オープン時の恒例にもなっている店舗限定メニューも販売される予定だ。

シェイク シャック みなとみらい店

日本5号店がオープンするのは、国内最大級の人口を誇る横浜市のランドマークの一つであるウォーターフロント都市・みなとみらい。ベイエリアならではのゆったりとした時間が流れる居心地の良いハンバーガーレストランとして、様々なシーンに合わせて楽しめる空間となる。

【店舗情報】
シェイク シャック みなとみらい店
オープン時期:2017年秋
住所:未定

シェイク シャック 六本木店

一方の6号店は、みなとみらいとは打って変わり、めくるめくスピードで最先端の情報が行き交う六本木エリアに誕生する。

グローバルなオフィス街、そしてナイトライフを楽しむ大人たちの眠らない街、そんな2つの顔を持つ六本木の店舗では、こだわりのハンバーガーやホットドッグ、フレンチフライなどとマッチするアルコールメニューを既存店のラインナップからさらに拡充して提供するという。

【店舗情報】
シェイク シャック 六本木店
オープン時期:2017年秋
住所:未定