ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「シェイク シャック(Shake Shack)」は、2017年9月29日(金)みなとみらいに、2017年11月1日(水)六本木に新店をオープンする。

2015年11月に日本初上陸を果たしたハンバーガーレストラン「シェイク シャック」は、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のハンバーガーやホットドッグ、フローズンカスタード、フレンチフライ、オリジナルなどを提供するハンバーガーレストラン。

オープン後すぐに行列の絶えない人気店となった外苑いちょう並木店に続き、アトレ恵比寿店、東京国際フォーラム店、新宿サザンテラス店と順調に出店を重ねており、今回オープンするみなとみらい店と六本木店は、それぞれ日本5号店、6号店となる。

地域に根差した店舗を目指すべく、新たに生まれるこの2店舗は、各エリアの性格を踏まえた、それぞれ趣の異なるレストランとして完成予定。また、新店オープン時の恒例にもなっている店舗限定メニューも販売される予定だ。

シェイク シャック みなとみらい店

日本5号店がオープンするのは国内最大級の人口を誇る横浜市のランドマークの一つであるウォーターフロント都市・みなとみらい。ベイエリアならではのゆったりとした時間が流れる居心地の良いハンバーガーレストランとして、様々なシーンに合わせて楽しめる空間となる。

神奈川初出店となる「シェイク シャック みなとみらい店」は、大きな船をイメージしてデザインされた店舗。3種の限定メニューが販売される。

限定メニューの「シャック アタック」は、新鮮なチョコレートカスタードに「バニラビーンズ」のタブレットショコラや「ドミニクアンセルベーカリー」のミルクチョコレートポップコーンブラウニー、ファッジソース、チョコレートスプリンクルをトッピングした贅沢な逸品。

初の和菓子とのコラボレーションとなる「レッドビーンパンケーキ」は、濃厚なバニラカスタードに「横浜元町 香炉庵」のスペシャル黒糖どら焼きを大胆にトッピング。日本の和とアメリカンなフレーバーのハーモニーを楽しみたい。

3つ目は海岸をイメージした「ベイサイド クリート」。バニラカスタードにピーナッツバター、バナナ、ショートブレッド、きな粉をトッピングして浜辺の色味を表現した。さらに、みなとみらい店限定のTシャツも販売。ホワイトとグレーの2種で、船のアイコンが描かれている。

【店舗情報】
シェイク シャック みなとみらい店
オープン日:2017年9月29日(金)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-2 クイーンズイースト2F
営業時間:11:00〜22:00
席数:店内110席、テラス48席
TEL:045-232-4032

シェイク シャック 六本木店

一方の6号店は、みなとみらいとは打って変わり、めくるめくスピードで最先端の情報が行き交う六本木エリアに誕生する。

グローバルなオフィス街、そしてナイトライフを楽しむ大人たちの眠らない街、そんな2つの顔を持つ六本木の店舗では、こだわりのハンバーガーやホットドッグ、フレンチフライなどとマッチするアルコールメニューを既存店のラインナップからさらに拡充して提供する。

また、シェイク シャックのオリジナルデザート「コンクリート」から、六本木ヒルズ店でしか味わえない3種の限定メニューがラインナップ。「マッチャ ゴナ ドゥ」は、濃厚なバニラカスタードに、新鮮なストロベリーピューレとバニラドーナツをミックスし、抹茶をトッピングした、カラーコントラストが鮮やかなスイーツだ。

「シャック アタック」は、ビーントゥーバー チョコレートブランド「ミニマル(Minimal)」がシェイク シャックのために作ったダークチョコレート、さらに3種類のショコラをミックスし、濃厚なカスタードと組み合わせたもの。さらに、香ばしいピーナッツバターやマシュマロソースを合わせた「ロッポンギ ピーナッツ」も登場する。

【店舗情報】
シェイク シャック 六本木店
オープン時期:2017年11月1日(水)
住所:東京都港区六本木6丁目11-1 六本木ヒルズ ノースタワー1階
TEL: 03-6804-3919
営業時間:11:00〜23:00(L.O. 22:00)
座席数:店内56席、テラス66席