コッペパン専門店「月刊アベチアキ」が2017年8月26日(土)に神奈川県・相模原にオープンする。

店内で焼き上げた独自配合の柔らかなコッペパンに、オーダー毎にフィリングを挟んだ「作りたて」のコッペパンを提供する、コッペパン専門店「月刊アベチアキ」が誕生。目を引く店名は、月刊誌をめくるときのような新発見と、ときめきを来店するたびに感じてほしいという思いからつけられたものだ。

コッペパンは実に27種がラインナップ。たまごやフルーツホイップといった王道から、赤ワインにフルーツを漬け込んだお酒”サングリア”をフィリングに落とし込んだ「サングリア」、自家製グラノーラをたっぷりとのせた「グラノーラ」、肉みそと豆板醤、中華麺を合わせた「タンタンメン」など新しい発想の味も数多く登場する。

【詳細】
コッペパン専門店「月刊アベチアキ」オープン
オープン日:2017年8月26日(土)
場所:神奈川県相模原市中央区千代田2‐11‐10
営業時間:10:00〜16:00
定休日:火曜日
コッペパン例:サングリア 290円(税込)、ラムレーズン 220円(税込)、グラノーラ310円(税込)、フルーツホイップ260円(税込)、いちごジャムマーガリン220円(税込)、西尾の抹茶210円(税込)、ピリ辛タンタンメン390円(税込)、昔ながらのナポリタン310円(税込)、あげぱん きなこ/シュガー 150円(税込)他全27種、うちスイーツコッぺ19種、ディッシュ・コ?ッぺ9種、あげぱん2種