ザ・リッツ・カールトン東京が、六本木の国立新美術館にて開催される「ルーヴル美術館展」とコラボレーション。2018年の初夏を彩る特別メニューを、館内の各レストラン&バーにて2018年5月30日(水)から9月3日(月)まで提供する。

絵画から着想を得たメニュー

フレンチダイニング「アジュール フォーティーファイブ」からは、「ルーヴル美術館展」のメイン作品のひとつ《美しきナーニ》の青いドレスからインスパイアされたメニューが登場。フランス語で"青(ブルー)"を意味する店名「アジュール」にもちなんで、料理にはオマールブルー、フロマージュブルー、ボリジブルーと"ブルー"の名が付く3種類の食材を取り入れ、プレートを華やかに彩ったアートのような一品に仕上げた。

フランス発祥のスイーツを紅茶と共に

ルーヴル美術館のあるパリは、"スイーツの都"としても知られる街。「ザ・ロビーラウンジ」は、そんなパリにちなんで、フランス菓子を集めたフレンチアフタヌーンティーを提供する。マリー=アントワネットの好物としても知られるクグロフに加えて、マカロンやオペラ、そしてフォアグラ使用のセイボリーなどをセットした贅沢な料理の数々を、世界各地から厳選した拘りの茶葉と共に楽しんでみてはいかが。

ナポレオンをモチーフとしたカクテル

カクテル好きの人は「ザ・バー」がお勧め。オリジナルカクテル「ザ・エンペラー」は、皇帝ナポレオンをモチーフとした特別な一杯だ。ナポレオンの愛した酒と云われる、マンダリンを浸したコニャック「マンダリン・ナポレオン」と「クルボアジェ」を合わせ、香り高い国産の柑橘と柚子のアレンジを加えた。 日本での「ルーヴル美術館展」開催を記念して誕生した、和洋折衷の一杯をこの機会に是非。

そのほかにも、チョコレート&ペストリー「ラ・ブティック」や「ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ」では、フランスを連想させるスイーツを販売する。

【詳細】
ザ・リッツ・カールトン東京×「ルーヴル美術館展」のコラボレーションメニュー
提供期間:2018年5月30日(水)〜9月3日(月)
場所:ザ・リッツ・カールトン東京
住所:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン

■アジュール フォーティーファイブ
時間:ランチ 11:30〜14:00 (L.O.)、ディナー 17:30〜21:00 (L.O.)
メニュー価格:ランチ 11,000円+税、ディナー 19,000円+税 ※共にサービス料別途

■ザ・ロビーラウンジ
時間:12:00〜17:00 (L.O.)
メニュー価格:アフタヌーンティー1名 4,600円〜+税 ※サービス料別途

■ザ・バー
時間:18:00〜24:00 ※金・土・祝前日〜25:00 (24:30L.O.)
メニュー価格:ザ・エンペラー 2,900円+税 ※サービス料別途

■チョコレート&ペストリー「ラ・ブティック」
時間:11:00〜23:00 (イートイン22:30L.O.)
メニュー価格:ヘーゼルナッツナポレオン、セサミレモンピラミッド 各800円+税

■ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ
時間:9:00〜21:00 (イートイン〜20:00L.O.)
メニュー価格:オペラ 650円+税、マンゴー&パッションフルーツ エクレア 550円+税 ※共にサービス料別途