バカラ(Baccarat)から「バカラ オート・クチュール コレクション(Baccarat Haute Couture Collection)」が展開される。

「バカラ オート・クチュール コレクション」とは、バカラが発表してきた歴代の傑作を、現代の職人たちの手によって再現する復刻コレクション。残された図面をもとに、オリジナル作品を忠実に再現しつつも現代的なアレンジを随所に施している。今回、様々な国や時代の影響を受けた全6作品が登場する。

女神の美しさを花で表現したアール・ヌーヴォー作品

オリジナルは1909年にフランス北部ナンシー市で開かれた「ナンシー国際博覧会」に出品された「イリス ベース」。イリス(アイリス)の開花した美しい姿が描かれているが、実はギリシャ神話に登場する虹の女神「イリス」を重ね合わせているのだ。女性の美しさを植物に見立てて描く技法は、美術様式「アール・ヌーヴォー」の技法のひとつである。

ロシアの皇帝も愛したバカラの輝き

オリジナルは1905年に制作されたデカンタだが、バカラとロシアの特別な関係の始まりは、1867年まで遡る。この年のパリ万博にてロシア皇帝アレクサンドル2世は、バカラ作品の数々に魅了された。このバカラとロシアの関係は孫ニコライ2世にまで引き継がれ、宮廷の華やかな宴の場を彩った。その影響から20世紀に入ると大量のバカラ作品が次々とロシアへ輸出されたのだ。「サンクト・ペテルブルク デカンタ」はそんな華やかな歴史へのオマージュとして、モダンなミッドナイトブルーのクリスタルで復刻。

クリスタル本来の美しさを引き出したカッティング

オリジナルは1939年に発表された「アリゾナ ボウル」。1916年にバカラが最初のアーティスティック・ディレクターとして迎えたジョルジュ・シュヴァリエは、クリスタルという素材が持つ本質的な魅力を引き出す作品を次々に発表したのだ。華美な装飾のないフォルムやカットの大胆なラインなど、シンプルだからこそ職人の卓越した技術がより発揮された。「アリゾナ ボウル」は、クリアカラーとミッドナイトブルーの配列が美しい、時代に左右されないデザインとなっている。

カゲロウの儚い姿を繊細なクリスタルで表現

オリジナルは1904年に制作された「カゲロウ クープ」。植物や昆虫など自然のモチーフを多く描いた「アール・ヌーヴォ―」の影響で、バカラでも蝶やトンボ、カゲロウなどの儚く繊細な生き物たちをクリスタルで表現したシリーズが登場した。クリアクリスタルに鮮やかな青いクリスタルを被せて成形した後、職人による緻密なカットで、ブルーとクリアの美しい柄を生み出している。

クリスタル×ブロンズの優美なロココ様式

オリジナルはこちらも1909年のナンシー国際博覧会に出品された「アンジェロ センターピース」。当時のバカラ作品の特徴でもあるクリスタルにブロンズを組み合わせた華やかな作品となっている。金彩が施された4人の天使たちが作品全体を持ち上げているように見える優美なデザインは、18世紀のロココ様式を彷彿とさせる。

中東やアジア工芸品から着想を得たオリエンタルなベース

オリジナルは1878年のパリ万博に出品された「セレッシャル ベース」。カラフルでオリエンタルな絵柄は、トルコや中国など中東・アジアの美術工芸品の影響を大きく受けている。エナメルと金彩で鳥や花々が描かれており、楽園をイメージした構図となっている。ブルーとグリーンをメインカラーにし、現代的でシックなテイストに仕上げた。

【詳細】

バカラ「オート・クチュール コレクション」
受注受付:全国バカラショップ
引き渡し時期:2018年7月以降
■イリス ベース
H30cm/1.1kg
価格:1,200,000円+税
※世界限定50ピース 限定ナンバー入り
■サンクト・ペテルブルク デカンタ
H46cm/Φ12cm/1.7kg/750ml
価格:2,700,000円+税
※世界限定18ピース 限定ナンバー入り
■アリゾナ ボウル
H9cm/Φ30cm/2.6kg
価格:1,500,000円+税
※世界限定50ピース 限定ナンバー入り
■カゲロウ クープ
H4cm/L21.5cm×25cm/765g
価格:1,100,000円+税
※世界限定25ピース 限定ナンバー入り
■アンジェロ センターピース
H43cm/Φ29.5cm/3.7kg
価格:3,800,000円+税
※世界限定18ピース 限定ナンバー入り
■セレッシャル ベース
H30cm/L10.5cm/1.1kg
価格:2,100,000円+税
※世界限定50ピース 限定ナンバー入り

【問い合わせ先】
バカラショップ 丸の内
TEL:03-5223-8868